墓地には公営と寺院それから民営の主に3つの種類があることをご存知でしょうか。この3つの中の民営墓地についてこれから見ていきます。民営墓地とはどのような法人でもはじめて経営していくことができるわけではありません。運営では公益性野永続性が失われることを避けるためです。民営墓地を運営している法人は営利を目的としていないことが条件となり許可が出されているのは宗教法人や公益法人に限られています。

宗教法人が運営を行っているものでもその宗教法人の宗派や宗旨に限られるというわけではなく、たとえ宗教法人が運営していても宗派や宗旨にとらわれず販売されているものを一般的に民営墓地と呼んでいます。民営墓地の多くは継承者がいることを条件としそれ以外には条件を設けていないことが多いです。公営や寺院のようにある一定の条件を満たした人でないと利用することができないというわけではなく、永代使用料を支払うことで誰でも入手することができます。ですから手元には遺骨がなく自分たち家族が入るためのお墓を生前に入手しようと思った場合でも民営のものであれば申し込みを行う取得することができるようになっています。それぞれの運営主体により生前に取得する場合の条件には違いはありますがお墓は立てずに区画だけを抑えておくということも可能な場合が多いです。また2基並列で借りたい場合には2基並列できるような場所を用意してくれたり、希望の場所があればその場所を貸し出ししてくれるなど比較的融通がつけやすくなっている場合が多いです。

さらに近年では時代の流れを受けて利用者が家族の一員として飼っていたペットを一緒のお墓に埋葬することができる区画を用意しているところがあったり、永代供養型の個人墓や区画地以外に合葬型の共同墓を用意しているところもありそれぞれが趣向を凝らして差別化をはかっている場合もあります。比較的新しく作られた場所が多いために設備や施設が整っており、広い駐車場が設置されていたり、法要に使うスペースが広々としていたり、敷地内がバリアフリーになっていたりと利用しやすい環境になっているところも多いです。公園のように一面に芝生を敷いたようなものもありそれぞれに違いがありますのでいくつかの墓地を比較してどこが自分たちに一番合っているのかを考えて選ぶようにするといいでしょう。永代使用料や管理費は公営よりも割高になる場合が多いですが、それでも価値があると感じることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です