墓地や霊園にはそれを経営している主体により公営と民営それから寺院の3つに種類分けすることができるのをご存知でしょうか。そのうちの寺院墓地といわれるものは経営主体が寺院いわゆる宗教法人であるもので、宗教活動の一環として区画の提供が行われています。寺院墓地にお墓を置くことを考える場合にはまずその寺院の檀家になる必要があります。檀家になることでその宗派の信徒となることですのでその寺院の宗派や宗旨を良く考えて寺院墓地を選ぶ必要があります。また檀家となるのでお墓の設置や管理を寺院に任せるだけでなく、自分たちは寺院の運営を行っていく構成員の一人としてその寺院に対して支援や協力を行っていく必要がありますので、そのことも考慮してどの寺院にするのかを選んでいく必要があります。

しかしながらこれら以外にはそのほかの墓地とそれほど違いはなく、寺院墓地にお墓を置くことを考える場合も公営や民営と同様に墓石購入費用・設置工事費用と永代使用料そして管理費用を支払うことで設置することができます。また最近では寺院自体もお墓の設置を行う人を集めることが難しくなっていることから檀家になることを条件とせずに受け入れを行っているところも出てきています。ですから寺院と言っても民営のものと変わりがない場合もあります。3種類ある候補の中からあえて寺院墓地を選ぶメリットには何があるのでしょうか。まず一つ目に寺院の中にお墓があることで住職や僧侶に日々供養してもらうことができるということがあります。

安心して先祖の供養を行っていくことができます。また二つ目に法事や法要の際にもお寺に参って別の場所にあるお墓に参ってという手間が省けることも寺院に置くメリットではないでしょうか。法事や法要の相談も気軽に行うこともできます。三つ目には寺院というものはめったになくなるということはありません。何百年と続くようなものであるため住職が変わってもお墓の継承者が変わっても代々お付き合いしていくことができるということもメリットです。先祖を何百年経っても供養していくことができることは安心できる点です。それから四つ目のメリットとしては墓石の指定業者がないということが挙げられます。民営のものの多くは提携している墓石販売の業者から購入することを条件に契約することができるようになっていますが、寺院の場合には指定がないので自分たちの納得した業者に依頼することができるということがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です