お墓を建てて先祖の供養を行うためにはそのお墓を建てる場所を決める必要があります。昔ながらの村や集落であれば村落共同体が運営する墓地というものがありましたし、自分の土地の敷地内にお墓を建てるというような家も普通にありましたが現在では墓地や霊園に永代使用料や管理費を支払って土地を使用して行く権利を購入しそこにお墓を建てていくのが一般的です。そのような墓地や霊園にはいくつかの種類があるということをご存知でしょうか。運営主体により種類分けされているもので、それぞれに特徴がありますので自分たちが一番いいと感じるところにお墓を置きたいです。

まず一つ目に公営墓地といわれるものがあります。自治体により運営されているもので運営主体がしっかりとしており安定感があります。永代使用料や管理費がほかの種類よりも安く設定されている場合が多いので人気となっています。随時募集を行うというよりは募集期間を決めて募集を行っている場合が多く、利用したい人が多い場合には抽選で決めることになります。管轄内に住所があることや遺骨が手元にあることが申込みの条件となっている場合が多いです。二つ目に民営墓地といわれる種類があります。公益法人や宗教法人などの民間の中でも経営が許された一部の法人が運営しているものです。条件が決められていることが少なく、宗教を問わずに誰でも申し込みを行うことができます。墓地をどこに置きたいや2基並べて置きたいなどの要望を聞き入れてくれるところが多く、融通が利きやすくなっています。生前購入することも可能ですが、石材店を提携しているところに指定している場合がありますのでお墓を購入する場合には契約内容をよく見ておくようにしましょう。三つ目に寺院境内にある寺院墓地があります。

その寺院の檀家となることを条件に代々手厚く法要してもらうことができます。宗教や宗派がその寺院と密接に関係してくることになるので、どの寺院を選択するのかは慎重に選ぶ必要があります。寺院内に作られているので区画が制限されている場合が多く、どのような墓石でも置くことができるというような場合は少ないので事前に区画がどのぐらいなのかを見ておく必要があります。公営や民営に比べると永代使用料などが高めに設定されている場合もありますが、永年にわたり先祖の供養を行っていくと考えた場合には手厚い法要を受けることができるので最適な場所と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です